ensemble genesis

Ensemble Genesis

 

 

鈴木優人と山口幸恵の呼び掛けで2005年に結成されたアンサンブル。

音楽の歴史的分類、あるいは美術、映像といったバウンダリーを超えたプログラムの創造を行い、音楽を総合的に演出するという手法で作品を提示している。

NHK「クラシック倶楽部」では「アンサンブル・ジェネシス 光と影」が放送され好評を得る。

 

 

詳細

History of Ensemble Genesis

Geschichte des Ensemble Genesis

「エウリディーチェの嘆き」

Grief of Euridice

アンサンブル・ジェネシス新作公演詳細決定!

ヨコハマトリエンナーレ2011連携プログラム
平成23年度文化庁芸術祭参加公演
ST Spot i.e.project05 アンサンブル・ジェネシス新作公演

エウリディーチェの嘆き
Ensemble Genesis  Grief of Euridice

オウィディウスの『変身物語』の1編を題材にバロック曲と現代曲を取混ぜ、深く愛する、死した妻・エウリディーチェを、冥界に迎えに行く夫・オルフェオの物語を、絶望の淵に立つエウリディーチェにスポットを当て、新たな物語を構成。
古楽器による演奏から現代音楽まで卓越した演奏技術を持つアンサンブル・ジェネシスとコンテンポラリーダンス界の秀才、神村恵が振付を担当。本作では音楽だけでなく視覚的演出でのダンスやビジュアルにより、「小オペラ」として展開されます。

■演出:鈴木優人
 振付:神村恵

作曲:タナシス・デリギアニス 新垣隆 鈴木優人
演奏:ソプラノ 松井亜希
   リコーダー/サクソフォン アンドレアス・ベーレン
   ヴァイオリン 山口幸恵
   ヴィオラ 小峰航一
   チェロ 懸田貴嗣
   チェンバロ/オルガン/ピアノ 鈴木優人

ダンサー:臼井彩子 遠藤綾野 剣持真理子 白井愛咲 宝栄美希 宮原万智

アートディレクション:田村吾郎
照明:木藤歩
音響:福田拓人
舞台監督:湯山千景
撮影:松澤延拓 松本和幸
デザイン:梶野沙羅
制作協力:京極朋彦

■ 日程
2011年
  11月5日(土)〜6日(日)

 11月5日(土)15:00開演/19:00開演
 11月6日(日)15:00開演

 ○ 開演1時間前より受付開始。入場整理券を発行します。
 ○ 開場は開演の30分前。
 ○ 未就学児童の入場はご遠慮下さい。
 ○ 上演予定時間 約80分

■会場
   KAAT 神奈川芸術劇場(中スタジオ)
   会場アクセス http://www.kaat.jp/access.html

■料金  前売\3,500 当日\3,800 前売学生\3,000 全席自由

■チケット取扱(前売開始9月10日(土))
<e+(イープラス)>

<STスポット>(ご予約フォーム)
E-mail:mail@stspot.jp  お電話:045-325-0411

■ お問い合わせ:STスポット
TEL 045-325-0411 FAX:045-325-0414 E-Mail:mail@stspot.jp

» 続きを読む

Ensemble Genesis "Suite" in Zürich

Ensemble Genesis appears in the International Recorder Biennale in Zürich!

Ensemble Genesis: Suite

Georg Philipp Telemann: Quartett, TWV 43 g4 (ca.1710)
Noriko Koide: "Gonin de Manimani" (2010)
Improvisation: Pavan und Galliard über Passamezzo moderno (Blockflöte und Cembalo)
Takashi Niigaki: "Invention or Inversion No. 2” (2010)
Estampie aus "Robertsbridge Codex" (Cembalo solo) (ca.1360)
Masato Suzuki: "Apokalypsis V" (2009)
Thanasis Deligiannis: "Harpyia" (2010)

Recorder/Alto Saxophone - Andreas Böhlen
Violin - Yukie Yamaguchi (Concert Master)
Viola - Yoshiko Morita
Violoncello - Ania Katyńska
Harpsichord - Masato Suzuki (Musical Director)

Live-Flash Art - Keisuki Onishi
Live-Oil painting - Kensaku Fukazawa
Art Direction - Goro Tamura

S

History of Ensemble Genesis

Ensemble GENESIS

The pianist, organist, harpsichordist and composer Masato Suzuki and the violinist Yukie Yamaguchi founded the fourteen member group, Ensemble Genesis, in the year 2005.

The members of the Ensemble are well-known soloists and/or members of the Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica and NHK Symphony Orchestra and play both modern and contemporary instruments of the baroque and the classical period.

Through the combination of stringed instrumentalists, sopranos, percussion and keyboard instruments, a broad and challenging repertoire can be presented extending from Corelli, Bach and Mozart through Mendelssohn, Berlioz and Milhaud, to Cage, Piazzolla and Japanese contemporaries.

Genesis has presented a four-season concert series, "Autumn," "Winter," "Spring" and "Summer" which has found an inspired resonance with its audiences.

The Ensemble co-operates gladly with composers of our century. Composers such as conductor Masato Suzuki and Takashi Niigaki, the Ensemble’s composer-in-residence, are only two examples of the comprehensive contemporary musical work of the ensemble.

Geschichte des Ensemble Genesis

Ensemble GENESIS

Der Pianist, Organist, Cembalist und Komponist Masato Suzuki und die Geigerin Yukie Yamaguchi gründeten im Jahre 2005 die zwölfköpfige Gruppe Ensemble Genesis. Die Mitglieder des Ensembles sind bekannte Solisten bzw. Mitglieder des Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica und NHK Symphony Orchestra und spielen alle sowohl moderne wie zeitgenössische Instrumente des Barock und der Klassik. Mittels der Besetzung mit Streichern, Sopran, Perkussion und Tasteninstrumenten kann ein möglichst breites Repertoire gespielt werden, von Corelli, Bach und Mozart über Mendelssohn, Berlioz und Milhaud, bis hin zu Cage und Piazzolla, Cage und japanischen Zeitgenossen. Die Konzertprogramme unter den Mottos „Herbst“ und „Winter“ stießen auf begeisterte Resonanz. Das Ensemble arbeitet gern mit Komponisten unseres Jahrhunderts zusammen. Komponisten wie Dirigent Masato Suzuki und Takashi Niigaki, der composer-in-residence des Ensembles, sind nur zwei Beispiele des umfassenden zeitgenössischen musikalischen Schaffens des Ensembles.

アンサンブル・ジェネシス
プロフィール

「ジェネシス」 = 『創世記』、はじまり、創造。

 

2005年9月、ヴァイオリニスト 山口幸恵と ピアニスト・チェンバリスト 鈴木優人の呼び掛けに応じ、14人の若手演奏家で結成された異色のアンサンブル。

メンバーはいずれもソリストとして、また一流オーケストラのメンバーとして国内外で活躍し、期待されている演奏家たちである。

 

弦楽アンサンブル+ソプラノ+パーカッション+鍵盤楽器というユニークな編成を、柔軟に変化させて、バッハ・ヴィヴァルディなどのバロック音楽から、昨日生まれたような21世紀の音楽まで、幅広いレパートリーを持っている。

デビュー・ライヴ・シリーズのテーマとして「四季」を取り上げ、2005年9月の「秋」、同年12月の「冬」、2006年9月の「夏」はいずれも高い評価を得た。

次回演奏会は「春」を予定している(2006年9月7日 at ハクジュ・ホール)。

 

メンバーの誰もが、モダン楽器と同じように、バロックや古典時代の楽器の演奏技術、経験を持っているということは、アンサンブル・ジェネシスの大きな特徴の一つである。このことがアンサンブルの響きを自然で美しいものにしている。

また古い作品とならんで、新曲や現代の作品と常にふれあうことを重視しているアンサンブル・ジェネシスは、新垣隆氏をレジデント・コンポーザーに迎え、舞台で初めて音が生まれるという感動を伝えたいと願っている。

これまでに取り上げた作品は、F.トゥンダー、J.A.ラインケン、D.ブクステフーデ、A.コレッリ、P.H.エルレバッハ、A.ヴィヴァルディ、G.ヘンデル、J.S.バッハ、W.A.モーツァルト、H.ベルリオーズ、F.メンデルスゾーン、R.シュトラウス、D.ミヨー、P.I.チャイコフスキー、R.アーン、A.ピアソラ、J.ケージ、石井眞木、武満徹、三善晃、野平一郎、M.クリステンセン、新垣隆の多岐にわたる。